エアコンに付ける化粧カバーの役割

目にすることはあっても、エアコンのその部分が化粧カバーという名称であることをご存知の方は少ないのではないでしょうか。このエアコン取り付けと一緒に行われる化粧カバーの取り付けは、通常のエアコン取り付け費用の中には含まれていないことがほとんどです。

したがって、化粧カバーをエアコンに取り付けたい方は、通常のエアコンの取り付けとは別に化粧カバーの取り付けに追加料金を払って取り付けてもらうことになります。化粧カバーの取り付けを希望する方の中にはエアコンを取り付けてもらうのに、化粧カバーの取り付けも含まれていると勘違いしている方も多いです。そのため見積もりの際にも、通常のエアコンの取り付けだけで進めてしまう場合もあります。

このまま進めた結果、後から行っておけばよかったと後悔しないようにするためにも見るつもりや相談の時点で行っておくようにしなければなりません。また初めてエアコンの取り付け依頼をする方は、そもそも化粧カバーが何に使われるものなのか知らない場合もあるようです。したがって依頼する前には、化粧カバーがなんなのか知っておく必要があるでしょう。

役割には主に2つ挙げられます。ということで、ここでは化粧カバーを付けることによる効果と見積もりに関して説明します。

化粧カバー見栄えを良くする

カバー普段生活する中で、化粧カバーという言葉は聞きなれないかもしれません。化粧カバーはエアコンを室外機とよく目にする室内機とをつなぐためのホースに付けるカバーになります。よく見てみると太い多い管のようなものがついていますが、こちらが化粧カバーです。ではエアコンに取り付ける化粧カバーの役割を説明しましょう。役割の中の1つには見栄えを良くすることが挙げられます

通常、室外機と室内機をつなぐホースにはテープで固定される場合も多く、化粧カバーは通常の取り付けの見積額の中には入っていません。したがって、エアコンに化粧カバーを付けるとなると追加料金がかかります。とは言え、これを付けないとなると先ほど述べたように室外機と室内機をつなぐホース部分がテープで巻きあげられると予想されます。

見栄えを気にする方は、特にこのテープで巻かれるのは嫌だと言う方も少なくありません。中と外をつなぐホースを巻くテープは、白である場合が多いです。したがって、家の壁がブラウンやグレーであった場合、ホース部分が目立ちやすいのと言えるのではないでしょうか。そこが目立ってしまうのが嫌だと言う方は、これを隠すためにも化粧カバーを付けた方が良いでしょう。

ホースの劣化防止

化粧カバーの役割の2つ目としてはホースの劣化防止が挙げられます。一言に化粧カバーと言っても、室内に取り付けるものと室外に取り付けるものがあることをご存知でしょうか。この2つの化粧カバーはそれぞれ役割が違うのです。

まず室内に付けるものについては上記でも述べたように、壁と合わさっての見栄えを良くするために用いられるものになります。次に室外に取り付ける化粧カバーについて説明します。こちらに関しては室内のものとは違って、中と外をつなぐホースの劣化を防ぐために付けられるものとなります。

とりあえず外と中が繋がれば、エアコンが使えるから良いという方もいます。しかし、ホースをそのままむき出しにしておくと直射日光が当たるため、ボロボロに劣化しやすいのです。加えて雨風にもさらされるため、余計に劣化が進みやすいと言えるでしょう。このように少しでも長くエアコンを使えるようにするためにも、外部分に取り付ける化粧カバーは付けることをおすすめします。

化粧カバー取り付けの見積もり

エアコンの取り付けを取り付け業者のサイトから問い合わせた場合、会社にもよりますが、相談や打ち合わせの後は、見積もりの過程に入ります。エアコンの取り付けに化粧カバーの取り付けが含まれていると勘違いする方も多いと聞きます。しかし、化粧カバーは通常のエアコンの取り付けには入っていないことがほとんどだと言われているのです。したがって、化粧カバーの取り付けを希望する方は見積もりの際には、後から費用の面も含めて後悔しないように、きちんと業者の方に相談しておくことが大切になります。

また、化粧カバーには見栄えを良くする効果があると説明しました。しかし、きちんとこのように仕上げたいと伝えておかないと、見栄えを良くするどころか余計にホース部分が目立つ仕上がりになってしまうこともあり得ます。そのため相談、見積もりの際には壁の色がグレーだから化粧カバーもグレーに合わせてほしいなど具体的にどうしたいのか相談することが重要となるでしょう。ちなみに、化粧カバーでよく目にするのは白色のものが多いと耳にします。しかし実際には、グレーやブラウンなど壁や依頼者側の希望に合わせた色の化粧カバーを取り付けることが可能とされています

ここでは化粧カバーは取り付けの時の追加料金になるといったように、エアコンの取り付け時の化粧カバーについて解説しました。中には付けた後にやはり化粧カバーを付けたいと心変わりする方もいます。取り付け時にしか付けてもらえないと勘違いしがちな化粧カバーですが、後から付けることも可能ですしたがってまた別に見積もりをする必要が出てきます。とは言え、見栄えを良くすること劣化を防ぐことを望むのであれば、相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

化粧カバーの主な役割は大きく分けて2つになります。1つ目は見栄えを良くすることです。これは外に付けるものであっても室内に付けるものであっても同じことが言えますが、壁の色や部屋の雰囲気に合ったものを選べるようになっています。ここでもしも化粧カバーを付けない場合には白いテープで外と中をつなぐホースが束ねられることもあります。そのため壁の色によって白が目立ち、見栄えが良くないと感じる方も多いです。

2つ目はホースの劣化を防ぐ役割です。こちらは外に取り付ける化粧カバーの話になりますが、こちらは最も重要なことであると言えるでしょう。通常エアコンの取り付けには化粧カバーの取り付けは含まれていません。したがって、ホースをそのままにしているところもあります。しかし、外は直射日光が当たり雨風にあたるため、ホースが劣化しやすくなります。したがって、それを避けるためにも化粧カバーは必要なのです。

少しでも長くエアコンを使うためにも追加料金はかかるものの、化粧カバーを付けた方が良いのではないでしょうか。ぜひ、長く使いたい方は検討してみてください。