エアコン取り付けの手順について

エアコン取り付けは専門業者への依頼とセルフで取り付ける方法があります。セルフでエアコン取り付けを行う場合、気になるのはエアコン取り付けの手順や工具ですが、専門的な知識も必要となります。エアコン取り付けにはどんな知識が必要となるのでしょうか?このページではエアコンの取り付けに必要は知識や手順を紹介する他にも、エアコン取り付けを自分で行う場合と業者に依頼した場合のメリット、デメリットについて説明します。

DIYでエアコン取り付けは可能なのか

エアコン結論から言えばエアコンをDIYで取り付けることは可能です。特にある程度電気関連や空調関連の知識がある方にとってはそこまで難しいことではないでしょう。業者に頼むのに2万円~3万円かかるのに対し、場合によってDIYでやれば数千円くらいの出費で済む場合があります

取り付けに必要な手順として、まずは取り付けるエアコンのタイプや部屋の状況、配管の状態、自分がすでに持っている工具がどれだけあるかを確認しましょう。DIYでエアコン取り付けして費用を浮かせたいと思うならばまずは費用を計算して、自分でやるだけのメリットが本当にあるか考えた方が賢明です。工具からなにからすべて揃えて結局2万円近くのお金がかかってしまう場合は、保証などもつく業者の取り付けを依頼したほうが良いという場合も少なくないでしょう。また、エアコンの取り付けと取り外しの難易度は全く違います。

取り外しは自分でできても、取り付ける時には空調関連の仕事をしていた人ではないと持っていない工具が必要になります。真空ポンプなどもガス漏れを防止するために大切になり、結果的に自分で道具レンタルをすることや、自分で行うリスクを考えると専門の業者に頼む方が安上がりなケースも少なくありません。

自分で取り付けが難しいケースもある

電気工事士が立ち会わないといけないような電気工事が関係してきてしまうようなケースや、エアコンから室外機までが遠い場合、さらに専用のコンセントがない場合などは自分でエアコン取り付けするということが難しくなってきます。

さらに自分が住んでいるのがマンションなどで、壁がコンクリートでできている場合などは自分で穴をあける作業は難しいですし、そもそも住宅の規則などで勝手に穴を開けることが禁じられている場合も少なくありません。このような場合には業者に頼むとしても、事前に管理組合などに連絡をしてエアコン取り付けに際して穴を開けることが可能かどうか確認すると共に、空調屋さんにもコンクリートであることを知らせておかなければなりません。DIYを考えるにしても業者に依頼するにしても下調べが大切になります

専門業者に頼むメリットとデメリット

エアコン取り付けの専門業者に頼むメリットはやはり信頼感と安心感です。また、自分で工具を買い集めることも考慮すると専門業者に頼む方が安くなるケースもあります。メリットは安いだけでなく専門業者に依頼をした場合は工事跡の施工保証をつけられる場合があります。取り付けをしてから何か調子が悪い時や思うように動かない場合には業者にいうことによって取り付けを再確認することや、実際に保証内で行ってくれる場合もあるので安心できます。

専門業者に頼むデメリットは自分で全て出来てしまう人からするとどうしても割高に感じてしまうことや、2台や3台の取り付けを行う時には業者に頼むよりも自分で行う方が安くなるケースもあることです。しかし、工事作業に慣れていない方はエアコン取り付け工事を専門の業者に依頼することをお勧めします。業者に依頼する手順としてまずはじめにやるべきことはお持ちのパソコンの型番を知っておくことです。業者に事前に情報を伝えておくことで見積もりをスムーズに進めることができます。