エアコン取り付けは引っ越し業者か専門業者か

生活をする上で何度か引っ越しを経験するものですが、これは非常に手間のかかる作業です。さらに、これまで使っていたエアコンを次の部屋でも使用することがありますが、アコンの着脱は専門的な知識が必要になりますので、専門業者に依頼する必要があります。しかし、最近はエアコンの着脱に対応した引っ越し業者も多く、一度にお願いすることが出来るのです。引っ越しは何かと忙しいものなので、窓口をひとつにすることで手間が省けます。それでは、専門の業者は避けた方が良いのでしょうか。こちらでは引っ越し業者と専門業者、両方の情報を集めました。こちらの情報を基にして、どのようにしてエアコンの着脱をするのか決めましょう。

両者の価格を比較する

価格エアコンの着脱は専門的な知識が必要であることから、専門業者に依頼をするものです。専門業者にエアコンの取り外し、エアコン取り付けをお願いした場合に費用はどうなるのでしょうか。一般的にエアコンの取り外しが約5000円で、エアコン取り付けが約1万円となっています。そのため、着脱を含めて約1万5000円かかると考えましょう。しかし、これは基本料金であるため、パイプの延長が必要になると追加料金がかかります。

そして、引っ越し業者に依頼した場合、エアコンの着脱で約1万円から2万円となっています。そのため、どちらに依頼してもそれほど価格に違いは無いと言えるでしょう。引っ越し業者の場合、自社のスタッフではなく外注の専門業者に仕事を振っていることが多いため、価格が同じようになっているのです。

引っ越し業者のメリットとデメリット

どちらに依頼しても価格にそれほど違いはありませんが、引っ越し業者にはどういったメリットがあるのでしょうか。最も多きいメリットは窓口がひとつになるということでしょう。引っ越しは手間のかかる作業であることから、少しでも連絡の手間を少なくしたいもの。そのため、引っ越し業者に任せるのであれば窓口がひとつになりますので、余裕を持って引っ越しが出来るのです。

しかし、何かトラブルが起こった場合、責任の所在が分かりづらいというデメリットもあります。引っ越し業者は下請けの業者に任せているので、こういったデメリットがあるのです。そのため、引っ越し業者によるメリットだけでなく、こういったデメリットについても理解した上で依頼をしましょう。

専門業者のメリットとデメリット

引越し時のエアコンの着脱は専門業者に任せることも出来ます。専門業者に依頼する最大のメリットは、実際に仕事を行うスタッフに直接コミュニケーションが取れるということでしょう。引っ越し業者の場合は下請け業者が作業を行うので、どうしてもコミュニケーション不足になってしまうのです。

しかし、専門業者はそれほど大きいネットワークがありませんので、引越し先は違うスタッフが対応するのです。そのため、エアコン取り付けの際にもう一度説明をする手間などがあります。そして、引っ越し業者と専門業者のふたつに連絡を取る必要がありますので、引っ越しの手間が増えてしまうのです。さらに、エアコンの取り付けが遅くなることもありますが、時期によってはそれほどデメリットにはなりません。

まとめ

これまで使っていたエアコンを引越し先で使うこともありますが、そういった場合は専門的な知識を持った業者に依頼する必要があります。専門業者の場合は直接コミュニケーションが取れるので円滑に作業が進められますが、引っ越し業者と専門業者の両者と連絡を取るので手間が増えてしまいます。引っ越し業者は窓口がひとつになるので手間がありませんが、引っ越し業者は下請けの業者に依頼しているので、トラブルが起こった際に責任の所在が分かりづらくなってしまいます。